- GENTLEMEN'S -

少しでも髪の毛を増やすために

少しでも増やす

髪の毛の悩みはいくらでもありますが若くしてなる人もいますし、それなりの年齢になってきて起きてくるということもあります。要するにそれは大半の場合、髪の毛が薄くなるということになるわけですが原因は本当に様々です。

 

一言で加齢、といえばそれはそれで正しいと言っても過言ではないのですが、年齢によってホルモンバランスの変化とかストレスあるいは食生活が変わってきたとかもっと根本的なところに理由があったりします。

 

どのようなことで薄くなってきてしまっている髪の毛を育毛を目指せるようにするのかということなのですが、一番オーソドックスなものとしては育毛剤でしょう。

 

実に当たり前のことではあるのですがやはり髪の毛を伸ばそうということで伸ばすことができる成分というのが入っている薬剤を頭皮にかけていくということが一般的には無難に意味があることになります。

 

つまりは、可能性として最も期待できるのはそれであるといえるでしょう。後は日常的な生活を規則正しくするとかそういうレベルのことでも良いので少しずつ改善していくようにした方が良いでしょう。あとはニューモ育毛剤でしっかりケアしてあげれば良いですね。

 

 

それができるようになりますと少なからず、髪の毛というのは伸びていく可能性があるわけです。

不安を感じる育毛法はしません

日本人はおとなしい性格の人が多く周りを見て判断して自分で考えて自己主張しませんね。育毛情報について不安を感じていても周りが育毛剤を使っていれば、育毛剤なんて・・・と思いながらも使ってしまう人がいます。それを繰り返していたら何も変わりませんよ。



育毛剤に不安を感じるなら使わなければいいんです。信用できることを見つければいいんですよ。それをせず周りを見て判断してしまうから日本人はいつまでたっても育毛剤を頼りにするんです。



人工的に作られた成分を肌にふりかけて毛が生えてくるなんて奇跡です。本当に毛が生えてくるか確かめる方法は足とか腕の毛を一部剃りそこにふりかけてみて他と毛の伸び方に違いがあるか実験してみれば良いんですよ。



多めに毛を剃って育毛剤をふりかけた部分と何もしなかった部分とを比較して、毛の伸び方や毛の太さに違いが無ければ育毛剤の効果は無いということが分かるでしょう。もちろん理解するまで何度でも実験してみれば良いんですよ。場所もいろいろ変えて育毛剤の種類も変えて確かめてみればいいんです。



私は不安に感じる製品は使いません。新鮮なものを適度に食べストレスの少ない生活を送ることが最高の育毛だと思うから。

脱毛予防は毎日の食事から

 
 

男性ホルモンの分泌を抑制させると、薄毛予防になるといわれています。最近は欧米よりの食事が人気ですが、パン、パスタ、赤身肉、ハム、コーヒー、チーズ、パンケーキなどは控えめにして、国内産の食品から脱毛予防になる栄養を摂取していくことが本来は自然であり、望ましいのです。



育毛及び脱毛予防に有効な栄養には、亜鉛があります。亜鉛はもともと食品から摂取するという方法でしか、体内へ取り込むことできません。ですから、海の牡蠣などを積極的に食すことが大事です。亜鉛はサプリメントも売っているもののサプリメントはあくまで補助的な食品として位置つけるようにしましょう。



亜鉛だけでは不足してしまうので、ビタミン類も積極的に摂るようにします。ビタミンは種類が多いですが満遍なく摂取していくという方法がベストです。女性であればフルーツ好きが多いので、果物を口にするように心がけます。



亜鉛とビタミン。ミネラルなど他にも接客的に取りたいという栄養があります。ですが、栄養は全てのものをバランスよく摂ることが一番良いのです。欧米よりの食事ではなく、日本人が昔から食べてきたメニューを取り入れると、間違いなくバランスのよい食事になります。












 

GALLERY